体感予報1巻ネタバレ&感想!気象予報士と漫画家の不器用ラブストーリー

体感予報1巻ネタバレ&感想

今回は、鯛野ニッケ先生の作品「体感予報」1巻ネタバレ&感想を紹介します!

テンちゃん

気象予報士×漫画家?の不器用ラブストーリーが気になる!

目次

体感予報1巻ネタバレ

ウェブチャンネルで気象予報士をしているハイスペックイケメン瀬ヶ崎瑞貴(せがさきみずき)×家で漫画を描く崖っぷち男性向けエロ漫画家、棚田葉(たなだよう)。

家で漫画を描く仕事をしている葉は、仕事中にオタク女友達の万さんと一緒に一日中天気予報を配信するウェブチャンネルでライブ配信を見るのが日課になっている。

そのチャンネルが、瑞貴の出演するもので万さんは瑞貴の大ファン。

葉は瑞貴のことを、世界中に存在する顔の中で一番好きなだけで、瀬ヶ崎瑞貴は別に好きじゃないと言っている。

実は、瑞貴と葉は同棲中。

仕事を終わらせて帰宅した瑞貴はただいまもなしに「めし」とだけ葉に声をかける。

瑞貴のリクエストでカレーを準備していたのだが、シーフードではなく豚が良かったと拗ねる瑞貴。

キッチンに立つ葉に瑞貴が後ろから抱きしめながら話しかける。

カレーを温めながら葉は瑞貴が配信で言っていたことを思い出していた。

「明日はからっと晴れた一日になりそうです」

この男は腹が満ちたら俺を抱くだろう・・・晴れの前日は瑞貴に抱かれるルーティン。

葉は「晴れ」というワードがいやらしい言葉みたいに聞こえるようすりこまれてしまったのだった。

行為中に葉は大学時代の瑞貴との過去を思い返すのだが、漫画を描くのを諦めようとしていた葉に「衣食住の金は保証してやるから俺のところに来い 俺の言うこと全部聞け」と強引に一緒になることを提案した瑞貴。

葉はまさかシモの世話までさせられると思わなかった、と行為を拒否できない自分を契約済みの奴隷だから、と仕方ないこととして受け入れ従っているのだが・・・

テンちゃん

 そういえばなんで晴れの日にしかエッチしないの? 

じいや

初めての時、シーツが乾くか心配した葉に瑞貴が気を利かせたんじゃ
でも、葉はそのことを覚えていなかったんじゃよ・・・

梅雨シーズンに入り、しばらくしなくていいんだ!と気分の上がる葉。

でも、晴れ間があればやる日があるかもと少し期待をする健気さを垣間見れる。

瑞貴に触れられることもないまま、日々は過ぎ、瑞貴の出演するライブチャンネルに可愛い女性キャスターが出演し始める。

しばらくエッチをしていないこともあり、もうしんどいとお酒を飲みながら電動オナホールでひとりエッチをする葉。帰宅した瑞貴にオナホを取り上げられなだめられるも、「はやくこんなところ出ていく 俺はあんな風に笑いかけられたことない あんたといると疲れる 嫌いだ」と感情を吐露。

そんな葉の言葉に瑞貴は「俺のプロポーズを受けておいてよくそんなことが言えるな」と怒るのだが、い、いやプロポーズ?大学時代にした奴隷契約は実はプロポーズだと知った葉は瑞貴の言葉の足りなさにますます瑞貴のことがわからなくなっていく・・・・

>>今すぐ「体感予報」を無料立ち読み

体感予報1巻を読んだ感想

この巻の魅力はなんといっても、瑞貴の俺様さと葉のどエロさ!!

「めし」って、外面は王子なのに家では葉を組み敷く俺様キャラ。さらに気象予報士なハイスペックイケメン。

言うことなし!ただ、葉に対しては少し(ばかりではない)言葉の足りなさに不器用な一面もある俺様キャラなの、唯一無二では?

瑞貴も帰ってくる家でひとりエッチをする葉はまあ、大胆。このシーンの作画が驚くほどエロいので必見。

でも、ひとりエッチをするほど瑞貴からの愛に飢えていた葉が切なくて可愛いです。

この1巻で葉は、「瑞貴の顔が好きなだけで瑞貴のことは好きじゃない」や「奴隷契約」、「付き合ってないのに」など一見して瑞貴のことは好きではないように見えますが、私はそう思いませんでした!

葉も瑞貴も無口で、葉の心情がセリフ以外に書かれているのでストーリーにボリュームがありますが非常に読みやすい作品です。

葉の心情は、ぜひ1巻を読んでチェックしてみてください!

まとめ

今回はざっくりと「体感予報」1巻ネタバレ&感想を紹介しました。

天気予報士×漫画家というありそうでなかったカップリング。不器用な二人に今後も目が離せません。

\ 全巻ためし読みアリ! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次